オリーブの実レシピおすすめ21選

そのまま食べてもとっても美味しいオリーブの実ですが、色んな料理に幅広く使えることをご存じですか?意外な組み合わせでも難なく調和してしまうため、和洋中ありとあらゆるジャンルで活躍してくれます。塩漬けの方法から栄養、そして沢山の美味しいレシピをまとめました。

 

オリーブの実の栄養

オリーブといえばブラックオリーブ、グリーンオリーブを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この二種は品種の違いではなく、同じものであり、完熟したものがブラックオリーブ、緑黄色の若い実がグリーオリーブと呼ばれます。グリーンオリーブよりもブラックオリーブの方が栄養価が高いです。オリーブは八段階の色の基準があり、段階により風味や香り、栄養価や用途が変わります。

オリーブオイルの方がオレイン酸リノール酸リノレン酸不飽和脂肪酸を効率良く摂取できるとはいえ、オリーブの実にもたっぷり含まれております。オイルだけでは摂取しにくいビタミンCやミネラル、食物繊維も実ならば一緒に摂取できるのは嬉しいところ。

そしてオリーブにはポリフェノールも含まれています。ポリフェノールといえばワインの印象が強いですが、オリーブにもしっかり入っています!抗酸化物質であるポリフェノールは体内での細胞の酸化を防ぐことによって、肌の状態を若く健やかに保ってくれる強い味方です。ポリフェノールブラックオリーブよりもグリーンオリーブの方が沢山入っています。

 

オリーブの実のカロリーは?

オリーブはグリーンオリーブからブラックオリーブまで段階によって多少栄養価が変化しますが、エネルギーは100gで120~150kcal程度になります。1粒だと大体4~12kcalです。

オリーブオイルの状態だとエネルギーはとても高くなりますが、実の状態ならば当然低カロリー!脂肪分が減り、ミネラル分やビタミンC、食物繊維などはオイルからは摂れない栄養を摂取できる分エネルギーは低くなります。

手軽に摘まめてヘルシーですが、オイル漬けではぐっとエネルギーが高くなります。ヘルシーでも食べ過ぎには気をつけましょう。

 

 

オリーブの実を使った料理21選!

1.オリーブが沢山手に入ったらまず塩漬けに

1-1.オリーブの実の処理方法♪(塩漬け保存)

cookpad.com

 オリーブの実を育てている、またはいただいてしまったらまずは塩漬け!生の実は渋く苦いです。まずは渋抜きをし、それから塩漬けすればおつまみに出来る美味しいオリーブの実が完成します。早くて二日、半年の長期保存も可能のオリーブの塩漬けはそのままでもオイルに漬けても料理に使っても美味しくいただけてしまいます。

渋抜きのため使う苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は劇物に指定されています。購入の際は薬局で住所、氏名、職業、用途、必要量の記入と印鑑、免許証などの身分証が必要になります。取扱には十分気を付けてくださいね。

 

2.保存もきくオイル漬けやピクルスで簡単おつまみに

2-1.大粒オリーブのガーリック漬け

recipe.rakuten.co.jp

オリーブの実とオリーブオイルは当然抜群の相性です。そこにガーリックが入ることで力強い風味になり、食欲をそそります。食べ応えのあるガーリックとさっぱりしたオリーブがよく合っていて、どんなお酒にもぴったりです!

 

2-2.おつまみ、サラダに最高♪オリーブの実のピクルス

recipe.rakuten.co.jp

オリーブのピクルスです。コクのある米酢の酸味とオリーブの果実感が合わさりいくつでも食べられてしまいます!フレッシュな味わいはそのままでもサラダにのせてもとっても食べやすいです。スパークリングワインや白ワインによく合いそうですね。

  

3.トーストの具材に

3-1.アンチョビとブラックオリーブのトースト

cookpad.com

にんにくチューブを使い手軽で簡単にできる美味しいトーストです。にんにくの風味は十分に良く、食欲がそそります。アンチョビのコクやオリーブの塩味が食パンととっても合っており、どんどん食べ進めてしまいます。ブラックペッパーの辛みが味を締めていて、バランスも良いです。

 

3-2.黒オリーブとトマトチーズトースト朝ごはん

cookpad.com

黄色と白と赤と黒と緑と彩り豊かで楽しいこのトーストはチーズもかかってまさに絶品。さくっとした食感の後のチーズのとろ~り、パンのふかふかが一度にやってきて一口一口が楽しいです!ゆで卵のほくほく感がまた美味しい。

 

3-3.塩麹ケチャ×ソーセージの和トースト

cookpad.com

ソーセージやカリフラワーなどしっかりした食材に上品な風味の鰹節、そして旨味をぐんぐん引き出す塩麹が加わって主食としても主菜としても1枚で満足できる和風トーストです!あっという間にできてこのボリュームは嬉しいですね。

 

4.サラダに添えて

4-1.オリーブのマリネレシピ

www.elle.co.jp

コリアンダーフェンネルローズマリーそしてパセリといったハーブををたっぷりつかったこちらのマリネは、ハーブの効能も嬉しいところですね。ハーブの良い香りはとってもエレガント。簡単に出来るこんなおしゃれマリネはおもてなし料理の時に用意しておいてもいいかもしれません。

 

4-2.緑と黒オリーブの洋風白和え♪

cookpad.com

白和えといえば和食、となりますがこちらは洋風白和え!さっぱり豆腐にまろやかなマヨネーズとクリーミィな練りごま、そこにオリーブのコクとオリーブオイルのフレッシュ感が加わって一気に洋風に。クセになるおかずです。

 

4-3.生ハム、セルバチコ、フェタチーズのサラダ

www.elle.co.jp

セルバチコという野菜はあまりなじみがないかもしれません。わずかに辛みのアクセントがありごまのような香りが感じられます。とっても美味しいのでもし手に入ったらぜひ生食でサラダにして食べて欲しいです!でももしなければルッコラで代用しても美味しいと思います。フェタチーズと生ハム、そしてオリーブはどれもしょっぱさがあります。そこにフルーティなまるでジュースのようなソースは本当にぴったりです!材料さえそろえば簡単なのでぜひお試しあれ。

 

4-4.黒オリーブと紅生姜のポテトサラダ☆

cookpad.com

ほくほくジャガイモとマヨネーズの組み合わせは言うまでもなく最高ですよね。そこに紅生姜のアクセントがとっても効いています!オリーブの固さを保ちつつも柔らかい感触とジャガイモのほくほくした感触がとっても合っています。塩は入れなくても十分味はついていますが、お好みで調整してください!

 

4-5.新じゃがとクレソンのハニーナッツサラダ

cookpad.com

ごろごろジャガイモにゆで卵といったちょっとほっとする組み合わせに、オリーブとアンチョビが良いアクセントとなっています!はちみつの甘さがあるドレッシングとナッツ、そしてクレソンの丁度良い苦味は相性ばっちりです。

 

4-6.そら豆とオリーブのサラダ

cookpad.com

ビールのおつまみにぴったりのそら豆ですが、意外な組み合わせながらオリーブとの相性もとっても良いです!そら豆の僅かな苦みとケイパーの辛み、そしてまろやかな黒オリーブが良く合います。そら豆だけでも美味しいですが、オリーブと組み合わせてちょっといつもと違うおつまみにしても良いかもしれません。

 

5.ごはんや麺に合せて

5-1.たっぷりオリーブの混ぜゴハン

cookpad.com

ごはんとオリーブの組み合わせ中々見かけませんよね。しかしこれがすっごく合うんです!少し甘味がある淡泊なごはんにオリーブのしょっぱさが丁度良いです。おつまみで用意したけど残ってしまった、なんて時に使えそうです。鷹の爪も一緒に炒めて辛味をつけても美味しそう!

 

5-2.ごはんとパスタの満足トリオ

www.elle.co.jp

コロコロと手でつまめてしまう可愛い見た目のこちら。甘いフルーツトマトと生ハムと黒オリーブとごはん、というちょっと意表をつく組み合わせですが、意外にもよく合います。まずごはんとフレッシュなフルーツトマトが一瞬バランスが悪いかと思えるのですが、黒オリーブの塩味とオリーブオイルのフレッシュ感、そしてレモンの酸味が良い味の繋ぎになっています。生ハムはもとよりトマトやオリーブとよく合うのでそこにごはんを加えることで満腹感もUP!

 

5-3.中華風オリーブチャーハン

cookpad.com

こちらもごはんとオリーブの組み合わせですが、こちらはそこにパクチーが加わり、オイスターソースの味付けの中華風チャーハンです!パクチーの独特な風味とオリーブの組み合わせがクセになります。ライムの酸味でさっぱりしてくどくなりすぎないがっつり食べられるチャーハンですね。

 

5-4.太陽の味♪トマトオリーブそうめん

cookpad.com

みじん切りと輪切りと切り方を変えたオリーブを用意するこちらのそうめん、トマトのさっぱりさもあいまって、夏にぴったりです!輪切りのオリーブでオリーブそのものの感触やコクを楽みつつ、みじん切りのオリーブで麺と一緒にも味わえます。オリーブを存分に味わいたいときはこちら!

 

6.焼き料理や煮込み料理も

6-1.土鍋でレモンとオリーブのチキンタジン

cookpad.com

本来はモロッコ料理のタジン鍋とのことですが、土鍋でもとっても美味しいです。骨付き鶏肉でコラーゲンたっぷり!クミンシードやターメリックによるカレーの風味と、煮てまろやかになったオリーブの酸味がよく合います。冬にはもちろん夏でも嬉しいお鍋ですね。

 

 

6-2.イタリアン焼きなすレシピ

www.elle.co.jp

ぴりっとシンプルに焼かれたナスに具だくさんのソースが食べ応えをUP!アーモンドのパリパリした感触とベーコンののじゅわっとした肉感、そして混ぜるだけの黒オリーブは柔らかすぎない感触を残していて食感のバランスが良いです。ケイパーとレモンの皮の酸味が味を締めていてぼんやりした味になりません。

 

 

6-3.黒オリーブのシンプルバーグ

www.lettuceclub.net

牛ひき肉とピーマンと黒オリーブで構成されたこちらのハンバーグ、つなぎがありません。それにより具材の純粋な味が楽しめます。つなぎがないハンバーグは肉のずっしりとした食感があり、食べ応えばっちりです!脂が多めのひき肉を使うことがおすすめです。

 
6-4.さんまのタプナードロール焼きレシピ

www.elle.co.jp

タプナードとは南フランス発祥のアンチョビ、黒オリーブ、ナッツ、にんにくなどを使ったペーストです。パンに塗ってもパスタに和えても、何にでも合う万能調味料です。そのタプナードとさんまはもちろんマッチします!くるりと巻かれたさんまとタプナードそしてプチトマトが良いバランスになっています。おしゃれなフィンガーフードでパーティにもぴったり!

 

6-5.鶏肉のトマトソース煮

www.orangepage.net

トマトソースとオリーブの組み合わせは鉄板ですよね。まず外れない組み合わせです。カラフルなピーマンが彩りよくほのかな苦みがソースに深みをもたせます。柔らかい鶏肉とフレッシュなオリーブがとっても相性が良いです!骨付き肉でコラーゲンいっぱいなところがまた嬉しいですね。

 

オリーブの実で色んな料理を楽しんでくださいね!

そのまま摘まむだけでも美味しく、ちょっとしたおつまみにもなってしまうオリーブの実。ブラックオリーブやグリーンオリーブといった違いだけでなく、赤ピーマンやアンチョビなどが詰められたスタッフドオリーブや、ガーリックオイル漬けなど実だけでも様々な食べ方があって楽しいですよね。さらに料理にも幅広く活用できるオリーブは常備しておくととっても便利。オリーブの実が手に入ることがあればぜひ塩漬けから始めてみてくださいね!